投稿

シンポジウム「みんな違って、みんないい」に違和感あり! ―「ダイバーシティ」でホントにいいの? 報告

イメージ
◆日時:  2022年2 月 1 9 日( 土 ) 12:30-15:00 ◆場所:  オンライン( Zoom ウェビナー) ◆ 主催: ダーバン+ 20:反レイシズムはあたりまえキャンペーン ◆ 協力: 人種差別撤廃 NGOネットワーク(ERDネット)、Peace Philosophy Centre、市民外交センター、ヒューライツ大阪 第1部  講演と対話「ダイバーシティ」への異議 発題1  「マジョリティの特権とは ――レイシズムの観点から」  出口真紀子(上智大学)   本シンポジウムのテーマは、「多様性(ダイバーシティ)」の尊重という流れに潜む不公正あるいは隠された差別を明らかにし、公正な社会への道筋を示そうというものである。出口報告は、これに対し、これまでの人権学習がマイノリティ側について学ぶことに終始してきたとし、むしろ特権を持っているマジョリティ側に、その態度・心理・行動・成長を自覚させる教育を提唱する。なぜこうした教育が必要かといえば、マイノリティに対する差別の問題は、ほとんどマジョリティの側に問題があるからだ。現在の日本社会では、具体的な集団に対し総括すれば「マイノリティ特権」というヘイトの言葉が溢れるが、むしろ「特権」はマジョリティの側にあるという認識は極めて重要なポイントである。  この「特権」という言葉は一般的にどう認識されているだろうか。大学生に多い回答は、一時的な立場に基づく優遇を指す。また、「マジョリティ特権」とは、あるマジョリティ側の社会集団に属していることで、労なくして得られる優位性であり、この優位性には権力も含まれる。そして、「マジョリティ特権」は、自動ドアの例で説明される。ある人間が入口から入って大きな建物の中を進んで行くとする。彼は、ただ目的地に向かって普通に歩いて行くだけである。途中にいくつもの自動ドアがあるが、彼が歩いて行くと、ドアは自動で開き、ドアがあることさえ認識せずに進んでいける。彼自身は、自分をマジョリティの側の人間とも認識していないかもしれない。行きたいところに進んで行けば、道が何の苦労もなく開けるのである。比較すれば、マイノリティに属する人は、歩いて行くと、途中に何重にもドアがあるが、それぞれ自動では開かない。ドアを開けるには鍵や番号が必要かもしれないし、どうやっても開かないドアもあるだろう。この自動ドアのたと

4/23(土) シンポジウム「遺骨問題から見る学知の植民地主義」

◆ 日時: 4月23日(土)12:30-15:00 ◆ 場所:オンライン( Zoom) ◆ 参加費: 無料 ◆ 参加申し込み: https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_Hw-HNk90T0qC2pAiU-0p1A   ※参加を申し込んだ方には視聴用のZoomリンクが送られます。    ※当日参加できなかった場合も、後日、期間限定で視聴可能です(参加申込者に限る)。 ◆ 主催:ダーバン+ 20:反レイシズムはあたりまえキャンペーン ◆ 協力:市民外交センター、 人種差別撤廃 NGOネットワーク(ERDネット)、Peace Philosophy Centre、ヒューライツ大阪  ◆ お問い合わせ:   durbanRCS@gmail.com +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:++:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+     1920年代に京都帝国大学の研究者が盗掘した琉球人遺骨が、現在も京都大学に保管されています。琉球人による返還の求めを拒絶した大学側を相手取った遺骨返還訴訟は、4月21日に判決を迎えます。    一方、アイヌの遺骨の返還は不十分ながら少しずつ進んでいますが、旧樺太に暮らしていた樺太アイヌ(エンチウ)は、政府による遺骨の扱い方に不信感を募らせています。政府や研究機関には、樺太アイヌが独自な文化や歴史を持つグループであり、またその領域が日露によって分断され、固有に植民地統治されたという認識に乏しく、樺太アイヌの遺骨をその子孫が納得いく方法で返還を受ける権利を無視しています。  遺骨問題は琉球人やアイヌ人に対する日本の植民地主義、とりわけ大学や博物館などによる「学知の植民地主義」を象徴する問題です。このシンポジウムでは帝国大学の時代から現在も引き続く学知の植民地主義を考えます。それは決して過去の問題ではありません。京都大学の返還拒否の姿勢、引き続き遺骨を研究に使おうとする研究者の存在などは、学問の世界が自らの植民主義を内省し克服しようとしてこなかったことを表しています。    現在の高等教育機関に残 る こうした植民地主義の構造やトップダウン型の意思決定、忖度する研究者といった現在にはびこる植民地主義の再強化 に焦点を当て、これらの問題 が 大学や研究者だけ で

2/19 シンポジウム「「みんな違って、みんないい」に違和感あり!―「ダイバーシティ」でホントにいいの?」開催

ダーバン+ 20:反レイシズムはあたりまえキャンペーンシンポジウム 「みんな違って、みんないい」に違和感あり! ―「ダイバーシティ」でホントにいいの? ◆日時:  2 月 19 日( 土 ) 1 2 : 3 0-15: 00 ◆場所:  オンライン( Zoom ウェビナー) ◆ 参加費:  無料 ◆ 参加申し込み(申し込み締切  2月18日) :   https://docs.google.com/forms/d/1SSXVyUOimh0ynEdvEYkGJZxg1dIIyOg3FUZlQL7rtL8/edit   ※参加を申し込んだ方には 前日に 主催者から視聴用の Zoomリンクをお送りします。   ※当日参加できなかった場合も、後日、期間限定で視聴可能です(参加申込者に限る)。 ◆ 主催: ダーバン+ 20:反レイシズムはあたりまえキャンペーン ( durbanRCS@gmail.com ) ◆ 協力: 市民外交センター、 人種差別撤廃 NGOネットワーク(ERDネット)、Peace Philosophy Centre、ヒューライツ大阪 ◆プログラム 第 1部 ダイバーシティへの異議  発題1 出口真紀子(上智大学)  「マジョリティの特権とは ――レイシズムの観点から」  発題2 丹羽雅雄(弁護士)   「なぜ「多文化共生」ではなく「 多民族・多文化共生社会 」なのか」  対話:「ダイバーシティ」のどこが問題か~教育を切り口として モデレータ:榎井縁(大阪大学) 第 2部 ディスカッション「ダイバーシティ推進で何が起きているか」     モデレータ:藤岡美恵子(法政大学)     発題1:大阪市の「多文化共生」指針(藤本伸樹)       発題2:カナダの多文化主義の経験(乗松聡子)       Q&A 閉会挨拶 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:++:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+  「みんな違って、みんないい」 ――民族/文化やジェンダーや性的指向などにかかわらず誰もが尊重される社会をめざしたい、そんな気持ちをあらわす言葉です。 最近では「ダイバーシティ&インクルージョン」の推進にとりくむことが企業にとって不可欠、と言われるようになっています。政府や自治

ダーバン会議20周年記念シンポジウム 「入管法のルーツはレイシズムーーダーバン会議を活かす」 報告

イメージ
  ダーバン会議 20周年記念シンポジウム   「入管法のルーツはレイシズムーーダーバン会議を活かす」 報告     ◆日時: 9月12日(日)13:00-15:30   ◆場所:  オンライン( Zoom ウェビナー)   ◆ 主催: ダーバン+ 20:反レイシズムはあたりまえキャンペーン   ◆ 協力: 人種差別撤廃 NGOネットワーク(ERDネット)、Peace Philosophy Centre、市民外交センター       1.  「未完の会議」~ダーバン会議とは何だったのか   基調講演「 ダーバン会議 2001の意味と脱植民地化の課題 ―― 「未完の会議」~ダーバン会議とは何だったか 」  上村英明(恵泉女学園大学)   2001年 8月31日~ 9月8日に 南アフリカのダーバンで開催され、最終日に 「ダーバン宣言及び行動計画」を採択して終了した「反人種主義世界会議(以下、ダーバン会議)」は、 レイシズムと呼ばれる さまざまな 形態の 差別の根本原因を 探り、これに対応することを目的にした画期的な国際会議だった。世界は誰もが差別はいけないというまでになったが、その根本原因を探り、その責任の所在を明らかにしなければならないという問題意識である。  南アフリカは、レイシズムの象徴の一つであった「アパルトヘイト」を1994年に終焉させた土地であり、会場が置かれたダーバンは1948 年 にその制度 が 確立された場所であり、また若きマハトマ・ガンジーが人権活動を開始した場所でもあった。  会議での議題は多岐に渡ったが、主要なものは以下の2つであった。第一に、現代社会の差別の根本原因を近代奴隷制と近代植民地主義と定め、こうした活動が「人道に対する罪」であることを認め、謝罪・賠償・補償の関係を明確にすることである。この関係では、欧米の旧宗主国とアフリカ・カリブ海諸国の対立が鮮明となった。第二は、レイシズムの被害者の再定義である。ここでは、アフリカ系の人、アジア系の人、先住民族の他、人身売買の被害者、 HIVエイズ感染者、マイノリティ、 移住者、職業と身分差別の被害者、その他人種差別とジェンダーなどの交差性や複合性の問題が取り上げられた。さらに、北アフリカ地域はアラブ世界ということもあり、パレスチナ人問題・ユダヤ人問題が取り上げられ、アジアでは、日本の植民地支配の問