投稿

2/19 シンポジウム「「みんな違って、みんないい」に違和感あり!―「ダイバーシティ」でホントにいいの?」開催

ダーバン+ 20:反レイシズムはあたりまえキャンペーンシンポジウム 「みんな違って、みんないい」に違和感あり! ―「ダイバーシティ」でホントにいいの? ◆日時:  2 月 19 日( 土 ) 1 2 : 3 0-15: 00 ◆場所:  オンライン( Zoom ウェビナー) ◆ 参加費:  無料 ◆ 参加申し込み(申し込み締切  2月18日) :   https://docs.google.com/forms/d/1SSXVyUOimh0ynEdvEYkGJZxg1dIIyOg3FUZlQL7rtL8/edit   ※参加を申し込んだ方には 前日に 主催者から視聴用の Zoomリンクをお送りします。   ※当日参加できなかった場合も、後日、期間限定で視聴可能です(参加申込者に限る)。 ◆ 主催: ダーバン+ 20:反レイシズムはあたりまえキャンペーン ( durbanRCS@gmail.com ) ◆ 協力: 市民外交センター、 人種差別撤廃 NGOネットワーク(ERDネット)、Peace Philosophy Centre、ヒューライツ大阪 ◆プログラム 第 1部 ダイバーシティへの異議  発題1 出口真紀子(上智大学)  「マジョリティの特権とは ――レイシズムの観点から」  発題2 丹羽雅雄(弁護士)   「なぜ「多文化共生」ではなく「 多民族・多文化共生社会 」なのか」  対話:「ダイバーシティ」のどこが問題か~教育を切り口として モデレータ:榎井縁(大阪大学) 第 2部 ディスカッション「ダイバーシティ推進で何が起きているか」     モデレータ:藤岡美恵子(法政大学)     発題1:大阪市の「多文化共生」指針(藤本伸樹)       発題2:カナダの多文化主義の経験(乗松聡子)       Q&A 閉会挨拶 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:++:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+  「みんな違って、みんないい」 ――民族/文化やジェンダーや性的指向などにかかわらず誰もが尊重される社会をめざしたい、そんな気持ちをあらわす言葉です。 最近では「ダイバーシティ&インクルージョン」の推進にとりくむことが企業にとって不可欠、と言われるようになっています。政府や自治

ダーバン会議20周年記念シンポジウム 「入管法のルーツはレイシズムーーダーバン会議を活かす」 報告

イメージ
  ダーバン会議 20周年記念シンポジウム   「入管法のルーツはレイシズムーーダーバン会議を活かす」 報告     ◆日時: 9月12日(日)13:00-15:30   ◆場所:  オンライン( Zoom ウェビナー)   ◆ 主催: ダーバン+ 20:反レイシズムはあたりまえキャンペーン   ◆ 協力: 人種差別撤廃 NGOネットワーク(ERDネット)、Peace Philosophy Centre、市民外交センター       1.  「未完の会議」~ダーバン会議とは何だったのか   基調講演「 ダーバン会議 2001の意味と脱植民地化の課題 ―― 「未完の会議」~ダーバン会議とは何だったか 」  上村英明(恵泉女学園大学)   2001年 8月31日~ 9月8日に 南アフリカのダーバンで開催され、最終日に 「ダーバン宣言及び行動計画」を採択して終了した「反人種主義世界会議(以下、ダーバン会議)」は、 レイシズムと呼ばれる さまざまな 形態の 差別の根本原因を 探り、これに対応することを目的にした画期的な国際会議だった。世界は誰もが差別はいけないというまでになったが、その根本原因を探り、その責任の所在を明らかにしなければならないという問題意識である。  南アフリカは、レイシズムの象徴の一つであった「アパルトヘイト」を1994年に終焉させた土地であり、会場が置かれたダーバンは1948 年 にその制度 が 確立された場所であり、また若きマハトマ・ガンジーが人権活動を開始した場所でもあった。  会議での議題は多岐に渡ったが、主要なものは以下の2つであった。第一に、現代社会の差別の根本原因を近代奴隷制と近代植民地主義と定め、こうした活動が「人道に対する罪」であることを認め、謝罪・賠償・補償の関係を明確にすることである。この関係では、欧米の旧宗主国とアフリカ・カリブ海諸国の対立が鮮明となった。第二は、レイシズムの被害者の再定義である。ここでは、アフリカ系の人、アジア系の人、先住民族の他、人身売買の被害者、 HIVエイズ感染者、マイノリティ、 移住者、職業と身分差別の被害者、その他人種差別とジェンダーなどの交差性や複合性の問題が取り上げられた。さらに、北アフリカ地域はアラブ世界ということもあり、パレスチナ人問題・ユダヤ人問題が取り上げられ、アジアでは、日本の植民地支配の問

9/12 ダーバン会議20周年記念シンポジウム の報告が『週刊金曜日』に掲載

9月12日開催のダーバン会議 20周年記念シンポジウム 「入管法のルーツはレイシズムーーダーバン会議を活かす」の報告が、『週刊金曜日』に掲載されました。以下に許可を得て転載します。 *******   (『週刊金曜日』 2021 年 10 月 8 日号( 1348 号) 28 - 30 頁よ り許可を得て転載) 反レイシズム掲げた国連・ダーバン会議から20年 問われる国民国家、 通底する入管体制と植民地主義 藤岡美恵子   アパルトヘイト(人種隔離政策)に終止符を打った南アフリカのダーバンで今から 20年前、レイシズムに反対する国連主催の世界会議=ダーバン会議が開かれた。国連史上初めて、植民地時代の奴隷制が「人道に対する罪」であったことを認め、現在も続く人種差別を含むレイシズムが歴史的に植民地支配に起源をもつことを明確にした会議だった。採択された宣言や行動計画も画期的な意義をもつものだったが、そのフォローアップはこの20年間、ほとんど行われてこなかった。なぜなのか。同会議の成果は、ヘイトスピーチや外国人差別が横行する現代社会で、どのような意味を持つのか? 反差別国際運動に長年関わってきた藤岡美恵子さんに報告してもらった。  ダーバン会議のフォローアップの困難さは、実は会議の最中から既に顕在化していた。掲げられたテーマが、現代の主要な国々が依拠する「国民国家」体制の根本に横たわる不正義の問題だったからだ。すなわち、各国が植民地支配と人種主義を断ち切れないままに国民国家を存立、存続させていることが批判にさらされた。  会議の中では、旧植民地宗主国側の多くが植民地支配と奴隷貿易の被害に対する補償責任を頑として認めなかった。今日の人種差別が歴史的にどのように形成され、奴隷売買から利益を得たのはだれか、植民地支配の被害は救済されたのか――などの根本問題が問われたことへの反発からだ。パレスチナ問題も絡み、米国とイスラエルの代表が会期中に退席する騒ぎも起きた。  本会議の会期は2001年8月31日~9月8日。会議終了直後には米国で「9・11」事件が起き、これをきっかけに始まった米国主導の「対テロ戦争」や、新自由主義によるグローバル経済の席巻により、格差と差別を孕むレイシズムは、むしろ世界各地でより一層強く顕現してしまったといえる。  こうした傾向は日本も例外ではない。会議 20

ダーバン+20:反レイシズムはあたりまえ宣言#1 ――国家の都合ではなく人権を優先する移民政策・入管制度を

  ダーバン+20:反レイシズムはあたりまえ宣言#1 国家の都合ではなく人権を優先する移民政策・入管制度を 2021年9月8日――ダーバン宣言20年目の日に   「(外国人は)煮て食おうが焼いて食おうが自由」(法務省入国参事官の言葉:池上努『法的地位 200の質問』楽人館、1965年)。 「姉への言動は、いじめ。何人亡くなれば入管は変わるのか」(ワユミ・サンダマリ、 2021年8月10日記者会見にて)   1 入管行政が浮かび上がらせる日本の闇  移住者が置かれてきた状況は、日本という闇を鮮明にします。  名古屋入管収容中のスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさんは、著しい体調の悪化を訴えていたにもかかわらず、治療らしい治療も受けられないまま、本年3月6日に亡くなりました。日本という社会、その出入国在留管理庁(以下、入管庁)の監督下で起きたいたましい死亡事件です。  ウィシュマさん死亡事件は偶然起きた一事例ではなく、日本の入管体制が持つ問題点を凝縮したものとして理解されるべきです。  8月10日に発表された入管庁による調査報告書は、死因も責任も明らかにせず、責任を取るべき職員への処分も遺族への報告もなく、臭いものに蓋をするための報告書にとどまりました。そもそも、調査対象であるはずの入管庁がこの事件を深刻に受け止めているとは考えられない報告書です。  2021年2月、政府は入管体制の見直しのために、出入国管理及び難民認定法(以下、入管法)等の一部を「改正」する法律案を国会に上程しました。現行法では送還忌避者への対応が困難であり、収容の長期化を招くという理由でした。  法案は、人権侵害のおそれがさらに強いこと、具体的には収容施設での死亡事件の真相究明が不十分であることなど多くの点が指摘された結果、廃案となりました。その過程で、ウィシュマ・サンダマリさんの死亡事件に注目が集まったのです。  改正案は、移住者が置かれた人権侵害状況を反省することも、国連諸機関からの改善勧告を顧みることもなく、全件収容主義、無期限収容体制、司法審査なき収容という現状をいっそう厳格にする内容でした。 日本には外国人の人権を保障する法制度がなく、国境管理・国家安全保障の観点に立つ入管法しかありません。外国人に対しても、その基本的人権を保障する義務が国家にはあるはずですが、入管行政にはそのような

ダーバンからの道・ダーバンから見る日本――ダーバン会議とその後の20年を振り返る

1 ダーバンからの道  20年前の2001年9月8日、ダーバン(南アフリカ)で一つの宣言が採択されました。 世界の被差別当事者と人権活動家が1万 とも 2万とも言われる数 で 集まり、熱意と希望を込め、世界の約200か国が同意してまとめあげた反差別宣言の正式名称は「人種主義、人種差別、外国人排斥および関連のある不寛容に反対する世界宣言・行動計画」(ダーバン宣言・行動計画)です。 ダーバン宣言は、植民地時代の奴隷制は人道に対する罪であったので、謝罪と補償の道徳的義務があると認めました。人種差別の主要な被害者はアフリカ人とアフリカ系人民、アジア人とアジア系人民、及び先住民族です。移住者、難民、難民申請者など国民でない者に対する外国人排斥問題も掲げられました。さらに若者、女性、被害を受けやすい集団が確認され、貧困、低開発、周縁化、社会からの排除、経済不均衡が俎上に載せられ、武力紛争と人種主義の関係が指摘されました。 宣言採択後の同会議閉会式で、ズマ南アフリカ副大統領は「ダーバン宣言は到達点ではない。ここからの道をいかに歩むかが問われている。私たちは人種差別との闘いという最大の課題にこれから挑戦するのだ」と、闘いの始まりを宣言しました。 それではダーバンからの道を、世界はどう歩んできたでしょうか。日本はどうだったでしょうか。 残念ながら、ダーバンからの道は平坦ではありませんでした。ダーバン会議を途中ボイコットしたアメリカとイスラエルはダーバンの成果を非難し続けました。ダーバン宣言採択から 3日後の 9.11 (同時多発テロ)は世界を暗転させ 、 「テロとの戦い」と称する「人種差別戦争」が仕掛けられ、アフガニスタン、イラク、シリアをはじめ戦場が拡大し、宗教対立、資源紛争、地域紛争が激化し まし た。 パレスチナへの土地収奪、差別、そして空爆が続きます。 旧植民地宗主国も「ダーバン・フォローアップ作業」に十分取り組んだわけでは ありません。 西アジア・中東・アフリカ北部からの難民問題が事態をさらに複雑にし まし た。ブラック・ライブズ・マター(BLM) 運動が拡大し 、イ スラムフォビア(イスラム嫌悪)、アジア系差別 、反ユダヤ主義など への抵抗が続いています。 国連人権機関や世界の人権NGOの努力にもかかわらず、世界 に は人種主義と人種差別 が蔓延しています 。あらゆる国境

9/12 ダーバン会議20周年記念シンポジウム 「入管法のルーツはレイシズム ―ダーバン会議を活かす」

イメージ
◆日時: 9月12日(日)13:00-15:30 ◆場所:  オンライン( Zoomウェビナー ) ◆ 参加費:  500円 ◆ 参加申し込み: https://eventregist.com/e/NiykBB2oFzNS   ※参加を申し込んだ方には 前日に 主催者から視聴用の Zoomリンクをお送りします。  ※当日参加できなかった場合も、後日、期間限定で視聴可能です(参加申込者に限る)。 ◆ 主催: ダーバン+ 20:反レイシズムはあたりまえキャンペーン ◆ 協力:人種差別撤廃 NGOネットワーク(ERDネット) 、 Peace Philosophy Centre、市民外交センター +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:++:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+: レイシストになるのは簡単。 メディアには政府お墨付きの レイシズム が満載。 だれでもそれに引きずられるかもしれません。 レイシズムを乗り越えるのは実はとっても大変。 20年前、レイシズム克服を掲げた歴史的会議がありました。 国連の「ダーバン会議(反人種主義・差別撤廃世界会議)」といいますが、 20年たっても「未完の会議」です。 いったいどういうことでしょう。何があったのでしょう。 ともに考えるための 入口 が入管問題です。 「入管法改悪からレイシズムを考える」ことで、 植民地主義とレイシズムの 危ない 関係が見えてきます。 わたしたちはレイシストになりたくありません。 一緒に 考えてみませんか 。       ◆プログラム 総合司会:熊本理抄(近畿大学)/渡辺美奈 (アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」 (wam))  開会挨拶  1 . 「未完の会議」~ダーバン会議とは何だったのか   基調講演「ダーバン会議 2001の意味と脱植民地化への課題」     上村英明(恵泉女学園大学)   報告「その後の 20年~フォローアップの動き」     前田朗(東京造形大学):国連、日本、東アジアのフォローアップ     藤本伸樹(ヒューライツ大阪):ユネスコのとりくみ 2.入管法改悪からレイシズムを考える   司会:藤岡美恵子(法政大学)   基調報告「入管・移住問題と植民地主義・レイシズム」      高谷幸(東京大学/移住者と連帯する全国ネッ